FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ

介護の仕事が楽しいと思える 本

o0200027610746377195.jpg
のちのちさんのブログ

心が優しく・ほんわかしてきます
これがわかる人が、介護職は天職なのでしょう
私が、介護職に就いている方全ての人が
大事にして欲しい気持ちが、ここにあります
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ

作業療法士(occupational therapist) 略OT

作業療法士」とは医療資格(コ・メディカル)の一つである。厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいう。

概要(世界作業療法士連盟、2004)
・「作業療法」とは、作業を通して人々の健康と安寧を促進する方法である。
作業療法は、人々が日常生活を構成する作業に参加できるようにすることである。
・ 作業療法の効果は、人々が意味を見いだした作業に参加できる程度によって判断される。
作業療法士は、個人や集団、あるいは心身に障害を持つ人々が、作業への参加が制約される問題を解決できる  知識と技術を幅広く教育されている。
作業療法士は、人々の作業への参加が環境によって促進されることもあれば、制約されることもあると考えて  いるため、作業をできるようにするために人間に加えてその環境も改変していく。


病院・施設で働く作業療法士OT)の業務

作業療法士は、診療の補助として作業療法を行なう。(理学療法士及び作業療法士法第15条)

2010年4月30日、医政発0430第1号より、理学療法士及び作業療法士法第2条第1項の「作業療法」については、同項の「手芸、工作」という文言から、「医療現場において手工芸を行わせること」といった認識が広がっている。

以下に掲げる業務については、理学療法士及び作業療法士法第2条第1項の「作業療法」に含まれるものであることから、作業療法士を積極的に活用することが望まれる。
作業療法士が食事訓練を実施する際などの喀痰等の吸引
移動、食事、排泄、入浴等の日常生活活動に関するADL訓練
家事、外出等のIADL訓練
作業耐久性の向上、作業手順の習得、就労環境への適応等の職業関連活動の訓練
福祉用具の使用等に関する訓練
退院後の住環境への適応訓練
発達障害や高次脳機能障害等に対するリハビリテーション

作業療法士になるためには、専門の養成校を卒業し、作業療法士国家試験に合格しなければ作業療法士になることができない

参考サイト

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。